« じゃきっ。 | トップページ | 虫の声。 »

2005年4月20日 (水)

緑の中、貫入の音。

缶ビールに耳をあてたことありますか?
次々に生まれてくる泡が内側の壁から離れてゆき、ピキピキピキピキ、という音がずっと続きます。

この音を聞くと連想するのが、「貫入」の音。陶器が釜出しを終えたあと、表面の釉薬がひび割れてゆき、細かな模様を作り出すことを「貫入」と言うそうですが、そのときに聞こえる音が、ビールの泡の立てる音と似ているのです。陶器を無数の棒で叩き続ける感じでしょうか。
以前、中伊豆で陶芸をやっている方に窯出しを見せていただいたとき、沢山の陶器が一斉に鳴っているのを見ました。緑に囲まれた、静かな庭でした。

久しぶりに、中伊豆に行きたくなってしまいました。

|

« じゃきっ。 | トップページ | 虫の声。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 緑の中、貫入の音。:

« じゃきっ。 | トップページ | 虫の声。 »