« 「ブレードランナー」の微積分 | トップページ | 叫ぶ花 »

2006年6月13日 (火)

マルクス主義!

最近なにかとお騒がせの500円DVD。
「マルクス一番乗り」という映画を買ってきました。

全編どたばたギャグ、中に突然歌や踊りのシーンがあるという不思議な構成です。
正直、歌や踊り部分はちょっとかったるいですが、まあ、全編飽きさせずに最後まで引っ張っていってくれました。

「アイスクリーム屋の競馬予想」のギャグは大好きなシーンです。
これ、、多分舞台で何度もやったであろう練りこまれたギャグを、無理やりストーリーに突っ込んだものみたいですが、そういう無理無理な感じも愛らしいです。

でも、一番の驚きは、このアルバムの「あの曲」が登場したときです。

伝説的トランペッター、クリフォード・ブラウンが弾けまくるこのアルバムで大好きだった曲「神の子はみな踊る」は、この映画「マルクス一番乗り」がオリジナル演奏なのです。(さっきネットで調べた。)

ブラウンの演奏も好きでしたが、この映画を見てますます好きになってしまいました。

小さな笛を持った小男の笛につられて黒人たちが歌い踊りながらの大行進!そして最後はダンスパーティー!!という、異常にアッパーな傑作シーンです。
今日も見返しましたが、ものすごく見ていて高揚してしまう。
登場人物の表情も突き抜けているし、なにより、踊りの躍動感がずば抜けているんです。ダンスに詳しい人だったら、もっとこのへんは語りこめるんでしょうけど。


こちらは、特典もりだくさんのワーナー版。これも買っちゃおうかな。

|

« 「ブレードランナー」の微積分 | トップページ | 叫ぶ花 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96993/10504011

この記事へのトラックバック一覧です: マルクス主義!:

« 「ブレードランナー」の微積分 | トップページ | 叫ぶ花 »