« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

2006年11月25日 (土)

異人(まれびと)の音

もしも、の話です。

ギターというものを知らない国があって。
でもギターというものをなぜか手に入れて。
どう演奏していいのかぜんぜんわからない。

でも、弦をはじけば音が出る。
ボディーを叩けば、音が出る。
弦を叩くと、七色の倍音が出る。

これは面白い、と、その国で何世代もの音楽家たちが、
さまざまな工夫を重ねながら、ひっそりと完成した音楽。


そんなふうにも聞こえる音楽に出会いました。
大樹(たいき) Dragon's gate

B000eoth1001_ss500_sclzzzzzzz_v64609305_

ギターからはこんなに豊かな音が出るのかと驚きます。
そして、それが思いつきに留まらず、ひとつの完成度の高い音楽を演奏するための素材として機能していることに、さらに驚きます。

ギターのボディーを叩くパーカッション。
指でたたき出すハーモニクス。
ハーモニクスというのは、弦の倍音のこと。
弦の長さのちょうど2分の1、3分の1、4分の1、、、、、にあたるポイントを指でそっと押さえて、弾いた瞬間指を離すと、押さえたポジションよりも高い音が倍音として鳴ります。
また、そのポイントを強く叩くと、パーカッシヴなアタック音と一緒に倍音が出ます。

時には指をしならせてパーカッションのようにギターの横を叩いたり、複雑な指使いでハーモニクスのさまざまな和音をたたき出したり。ファンキーだったり、オーガニックだったり、さまざまな表情を見せながら、いろいろな技が圧倒的な構成で展開されていきます。
レコードを聴いても面白いでしょうが、こればかりは見たほうが衝撃が大きいでしょう。

同志社京田辺祭り'06のホームページ
ここから大樹さんの「視聴可」をクリックしてみてください。


ここからはちょっとトリビア。

ハーモニクスの組み合わせから導かれる12音を純正律といいます。倍音の関係でできた音階ですから、濁りのない和音が鳴るわけですね。
でも、たとえばC(ド)の音を基準に純正律でチューニングし、その音列を別な調で演奏すると、和音の響きが違ってくるのだそうです。ハ長調でのドミソはきれいに響くが、嬰ハ長調のドミソは濁る、というような事態です。

音感のいい人は調によって曲のニュアンスが違うと感じるそうですが(私には絶対音感がないためか、この感覚はありません)、それと関係が深いことなのかもしれませんね。

で、ある調しか美しく演奏できないとなると、転調ができません。それで、どんな調でも聞きやすいチューニングということで開発された妥協の産物が「平均律」。現在のピアノなどほとんどの楽器で使われている調律方法です。
妥協の産物、といいましたが、私たちは子供のころからみんな「平均律」の音階のほうばかりに親しんできたわけで、

「純正律は音のうなりがないピュアな響き、平均律は和音によってはうなりが生まれる」なんてよくいいますが、静かな環境で、ピアノの生音を聞くと、そのうなりは感じられると思います。

大樹さんのように倍音で音楽を構成していくと、私たちが普段なじんでいる「平均律」ではなく、「純正律」に近い響きになります。
大樹さんは自分であみだした11ものイレギュラーチューニングで演奏するそうですが、そして、完全に独学で作り出した音楽ということで、ほとんどコードネームも知らない、って言っておられましたが、、、
出る響きはピュアでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月18日 (土)

耳が鳴る

「耳鳴り」……。

本来は音を聞くための器官である「耳」それ自体が音を発し始めるという不思議。
この広い世界の中にぽつんとある「耳」が、ひっそりと音を放ち始めるイメージさえ浮かびます。もしかしたら、同じ宇宙の見知らぬ誰かの耳も、共振して音を発しているのかも。


ギターの「フィードバック」って、その耳鳴りと似ているな、と思います。
音そのものも、その神秘的な感じも。

「フィードバック」というのは、エレキギターの奏法の一つです。
アンプのボリュームを大きめに設定し、スピーカーの近くで弦を弾くと、スピーカーから出る音と弦が共振し、音がいつまでも鳴り続けるのです。
ギターは弦をはじいて音を出す楽器なので、弓で音を出すバイオリンやチェロなどと違って、宿命的に減衰音しか出ないのですが、このフィードバックを使ったときだけは、持続音が出せます。
音色も、倍音構成が違うせいか、すごく野性的というか、エモーショナルな感情を揺さぶる音になるのです。

と、説明するのは簡単ですが、実際は、スピーカーとの距離が近過ぎると「キーン」というほんとの雑音(ハウリング)が出てしまうし、遠すぎるとフィードバックが起こらない。さらに、アンプのスピーカーとギターのコイルの磁気干渉も関係しているので、ギターの角度がちょっと変わるだけで音が変わってしまう。とにかく、コントロールがとても微妙なのです。

フィードバックを自在に使って演奏したということではジミ・ヘンドリックスが有名ですが、こういう現象をライブのステージでコントロールするというのがいかに大変か!
ジミの場合は、一般的な評価としては(クスリなんかのせいで)「調子が悪い」といわれているアルバムでも、フィードバックはばっちり決めてたりするのを見ると、いよいよフィードバックをキメられるのは[選ばれし者」である気がしてきます。

さて、今日はそんなフィードバックが印象的な音楽です。

The Smith / The Queen Is Dead

アルバムの冒頭の曲”The Queen Is Dead"では、古い歌(Take Me Back To Dear Old Brightly)がちょっとだけサンプリングされたあと、強烈なフィードバック音がスタート。すぐにドラムも加わりますが、このフィードバックの音は曲の終わりまで延々と鳴り続けます。
歌詞は、「ちょっと調べてみたら、僕は皇室の末裔だったことがわかった。そこでスパナを持って宮殿に忍び込んで、女王と会話し、マザコンのチャールズ皇太子のために女王を殺す」という(たぶん)、、、、皇室がテーマのコミックソング。
でも、菓子の中では9歳の麻薬売人が登場したり、「麻薬って何なのかさえ知らなかったよ。昔は、ね」なんてセリフもあって、イギリスの階級社会と、それを生んでしまった体制への批判なんでしょうね。

そんな、鬱屈した感情が、フィードバックに込められています。


次に、以前も紹介した、カエターノヴェローゾ。
カエターノの曲では、表向きにはそんな激しさはありませんが、、、、、。

CAETANO VELOSO/A FOREIGN SOUND

この中の一曲、 "NATURE BOY"は、全体を通してほぼ単音の、フィードバックノイズがなり続けます。伴奏はギター2,3本のみのアンサンブル。
"The Queen Is Dead"でなり続けるフィードバックの音程は、曲のルートだったのですが、このネイチャーボーイでは、コードがどう変わろうがなり続ける9thのフィードバックが、曲のテンションを演出しています。

最後は番外編です。

Isley Brothers / 3+3

この中の一曲、ギターのアーニー・アイズリーが弾きまくる、"Summer Breeze"!

フィードバックを使わない場合でも、フィードバック可能な音量で弾くことで、独特な音色を作るギタリストがいます。例えばクイーンのブライアン・メイとか、Pファンクのエディー・ヘイゼルとか。
この手の音色の中で、私がダントツに好きなのがこのアルバムのギターなのです。
脳内麻薬が出てくるかと思うぐらい、好きな音色です。


ところで、こんなギターがあります。

フェルナンデスの"ZO-3"(そうさん)。
弦のすぐそばにスピーカーがあるので、ボュームを上げると小さい音量でフィードバックできるという話。
ちょっと、買ってみたい気も。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 9日 (木)

久しぶりの。。。

久しぶりのキーボード入力の「みみをすます」です。

パソコン問題で、携帯電話から投稿していたときは、やっぱりしんどかったです。
週末はパソコンのデータ復元に追われ、投稿の予定だったのにできませんでした。そろそろ書きたいものもたまってきているので、また、ぼちぼちいきます。

今日は時間もないので、小ネタ。

ちょっとまえ、『携帯書房』にはまっていると書きました。実は今もはまっているんです。今日、夏目漱石の「それから」をようやく読了しました。読んでる途中、どうしても松田優作の映画「それから」が浮かんで仕方なかったら、今度NHKで松田優作の特集をやるようですね。
松田優作、大好きなので見てみようと思います。

さて、そのとき小説で登場する”LILY OF THE VALLY”って何だ、という話をしたと思いますが、辞書で調べたら、一発でした。すずらん、だったんですね。
北海道へ行った友人が持ってきてくれたのは「すずらん」で、その強すぎない香りがよかった、といっていたんですね。ちなみに、本のなかで、主人公は、愛する人妻が自宅に尋ねてきたとき、ゆりの花を短く切って水盤に浮かべ、さらにすずらんを散らしていました。
白い花は、この物語の中でとても大事な小道具、なのでした。

うーん、書いているとはまってきたので、すこし日を置いて書き直してみようかな。

まだ、作文も本調子じゃないなあ。


次回はジェームスブラウン、ソウル・オン・トップで書きますよ!
って、予告するとよくコケるんですが。

では、これからも末永いお付き合いを。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 2日 (木)

週末、PC復活予定

これでいつものペースに戻れます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »