« 久しぶりの。。。 | トップページ | 異人(まれびと)の音 »

2006年11月18日 (土)

耳が鳴る

「耳鳴り」……。

本来は音を聞くための器官である「耳」それ自体が音を発し始めるという不思議。
この広い世界の中にぽつんとある「耳」が、ひっそりと音を放ち始めるイメージさえ浮かびます。もしかしたら、同じ宇宙の見知らぬ誰かの耳も、共振して音を発しているのかも。


ギターの「フィードバック」って、その耳鳴りと似ているな、と思います。
音そのものも、その神秘的な感じも。

「フィードバック」というのは、エレキギターの奏法の一つです。
アンプのボリュームを大きめに設定し、スピーカーの近くで弦を弾くと、スピーカーから出る音と弦が共振し、音がいつまでも鳴り続けるのです。
ギターは弦をはじいて音を出す楽器なので、弓で音を出すバイオリンやチェロなどと違って、宿命的に減衰音しか出ないのですが、このフィードバックを使ったときだけは、持続音が出せます。
音色も、倍音構成が違うせいか、すごく野性的というか、エモーショナルな感情を揺さぶる音になるのです。

と、説明するのは簡単ですが、実際は、スピーカーとの距離が近過ぎると「キーン」というほんとの雑音(ハウリング)が出てしまうし、遠すぎるとフィードバックが起こらない。さらに、アンプのスピーカーとギターのコイルの磁気干渉も関係しているので、ギターの角度がちょっと変わるだけで音が変わってしまう。とにかく、コントロールがとても微妙なのです。

フィードバックを自在に使って演奏したということではジミ・ヘンドリックスが有名ですが、こういう現象をライブのステージでコントロールするというのがいかに大変か!
ジミの場合は、一般的な評価としては(クスリなんかのせいで)「調子が悪い」といわれているアルバムでも、フィードバックはばっちり決めてたりするのを見ると、いよいよフィードバックをキメられるのは[選ばれし者」である気がしてきます。

さて、今日はそんなフィードバックが印象的な音楽です。

The Smith / The Queen Is Dead

アルバムの冒頭の曲”The Queen Is Dead"では、古い歌(Take Me Back To Dear Old Brightly)がちょっとだけサンプリングされたあと、強烈なフィードバック音がスタート。すぐにドラムも加わりますが、このフィードバックの音は曲の終わりまで延々と鳴り続けます。
歌詞は、「ちょっと調べてみたら、僕は皇室の末裔だったことがわかった。そこでスパナを持って宮殿に忍び込んで、女王と会話し、マザコンのチャールズ皇太子のために女王を殺す」という(たぶん)、、、、皇室がテーマのコミックソング。
でも、菓子の中では9歳の麻薬売人が登場したり、「麻薬って何なのかさえ知らなかったよ。昔は、ね」なんてセリフもあって、イギリスの階級社会と、それを生んでしまった体制への批判なんでしょうね。

そんな、鬱屈した感情が、フィードバックに込められています。


次に、以前も紹介した、カエターノヴェローゾ。
カエターノの曲では、表向きにはそんな激しさはありませんが、、、、、。

CAETANO VELOSO/A FOREIGN SOUND

この中の一曲、 "NATURE BOY"は、全体を通してほぼ単音の、フィードバックノイズがなり続けます。伴奏はギター2,3本のみのアンサンブル。
"The Queen Is Dead"でなり続けるフィードバックの音程は、曲のルートだったのですが、このネイチャーボーイでは、コードがどう変わろうがなり続ける9thのフィードバックが、曲のテンションを演出しています。

最後は番外編です。

Isley Brothers / 3+3

この中の一曲、ギターのアーニー・アイズリーが弾きまくる、"Summer Breeze"!

フィードバックを使わない場合でも、フィードバック可能な音量で弾くことで、独特な音色を作るギタリストがいます。例えばクイーンのブライアン・メイとか、Pファンクのエディー・ヘイゼルとか。
この手の音色の中で、私がダントツに好きなのがこのアルバムのギターなのです。
脳内麻薬が出てくるかと思うぐらい、好きな音色です。


ところで、こんなギターがあります。

フェルナンデスの"ZO-3"(そうさん)。
弦のすぐそばにスピーカーがあるので、ボュームを上げると小さい音量でフィードバックできるという話。
ちょっと、買ってみたい気も。

|

« 久しぶりの。。。 | トップページ | 異人(まれびと)の音 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 耳が鳴る:

« 久しぶりの。。。 | トップページ | 異人(まれびと)の音 »