« あいだ はざま スペース | トップページ | ローフード? »

2008年6月29日 (日)

心の水着

なにかとお騒がせのオリンピック水着ですが、こないだNHKの朝のニュースを見ていたら、オリンピックで着用されるSPEEDOの水着のデザインをComme des Garconの川久保玲さんがしたそうです。

書家井上有一の作品「心」の文字を水着の右側にあしらったデザインです。
川久保さんによれば、最後までその文字を「水」(だったかな)にしようかどうしようか迷ったが、選手が競技の最中もっとも大切にするのは心だろうから、そちらを選んだとのことでした。
水着の構造上、色を変えられない部分があったり、かなりデザイン上の制約があっての仕事です。にもかかわらず、オリンピックという世界の舞台で、どの民族にも受け入れられるような明快なコンセプトを提供するというのは、さすが川久保さんだなと思いました。その嗅覚と、落としどころの鮮やかさ。

ニュースでは試作段階のデザイン図も撮影していて、心の文字は共通ながら、各国の国旗をデザインに取り入れることを報じていました。国旗をデザインのためゆがめたり、バランスを変えたりするのは結構慎重にする必要があると思うのですが、こういうところでも挑戦をしているということか。
実は結構マジメに、トラブルにならないのを祈ってます。

今日は簡潔にして完結。なんかブログっぽくて、こういう書き方もいいなあ。

|

« あいだ はざま スペース | トップページ | ローフード? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 心の水着:

« あいだ はざま スペース | トップページ | ローフード? »