« あなたも見られている "Someone To Watch Over Me" | トップページ | ヒッピーに捧ぐ。 »

2009年4月27日 (月)

卵にできること。(エルサレムの村上春樹)

SMAPの草なぎさんが逮捕された時のこと。
突然のニュース速報に驚きました。

最初は、自殺か、薬物関係で逮捕されたのかと思いました。
それが、フタを開けてみたら「公然わいせつ」。

まあ、他人に迷惑をかけたわけだし、
やってしまったこと自体を弁護する気はありません。
が、気になったのは事件後のことです。

まずは、NHKがニュース速報にしたことに驚きます。
それだけの速報性が求められる事件だったのか。
そして、ニュースの街頭インタビューのピックアップのしかた。
「信じられない」「信じてたのに」「やっちゃいけない」だけ。
なぜか、「大変だったのね」「信じてます」系のインタビューはなしでした。

インタビュー自体は当然やらせではないんだけど、編集の段階で、
どの人の意見を採り、どの人の意見をボツにするかは放送局側の判断。
その意味で、一見公平なようでいて、いちばん編集主幹(=編集長)の
意向を反映しやすいのが街頭インタなのです。


そして、警察が飲酒を理由に家宅捜索をしたこと。
これ、かなり驚きです。
自分のこととして考えてみてください。
泥酔したせいで家宅捜索、って、、、、ここまでやっていいんでしょうか。

薬物関係を疑ったのはミエミエですが、結局何も見つからなかった。
ということは、「先行捜査をしていて、逮捕をきっかけに家宅捜索」、、、、
という展開ですらない。
ちょっとちょっと気になったから、捜索したという事です。
よく令嬢が取れたものだと思いますが。

これは、正直怖いです。


草なぎさんは、地上デジタルの『顔』だったわけで。
政治家、特に郵政族に気を使ったのではないかと思われてもしょうがない。
ちょっと残念な対応だったと思います。

草なぎさんは、きっと、何かすごく苦しいことがあったから、
やっちゃったのだと想像します。
それが何かは、あんまり知りたいとは思いません。

彼の生活のかなり深いところまで知らないと、
ホントの理由は理解できないでしょう。
彼に一生関わっていく愛情と決意がある人じゃないと、
「知りたい」と思ってはいけないような、おおごとだったと思うのです。

それを、「これをやっちゃったらもう人生おわり」みたいな感じで、
一斉に糾弾するのはいかがなものか。

「きっとなにか、すごくたいへんなことがあったんだよ」
「でも、今はそれがいいとも悪いとも判断できないよね」
「まあ、次は気をつけてね」
という、ゆるいスタンスに立てる健全さが欲しかったと思いました。

(後記
東京都知事、大阪府知事、ニュース23の草野さん、など、
同情的なコメント・報道もあったようです。ちょっとほっとしました)

----

とまあ、珍しく時事的な話をしてしまいましたが、
村上春樹さんのスピーチのことが頭にあったからです。

村上さんは、先日のエルサレム賞の授賞式でのスピーチで、
有名な「卵と壁」発言をしています。

(こちら「【英語全文】村上春樹さん「エルサレム賞」授賞式講演」から一部を引用します。)


(以下、「みみをすます」が翻訳)

「もし高く頑丈な壁があって、そこに卵がぶつかって壊れるなら、ぼくは卵の側に立とう。」

そうなんです。
壁がどんなに正しくて、卵がどんなに間違っていたとしても、ぼくは卵の側に立ちます。
何が正しくて何が間違っているか、決めなくてはいけない誰かさんもいるでしょう。
たぶん時間や歴史が解決してくれるのかもしれません。
でも、もし小説家が、(理由は何であれ)壁の側に立ってしまうなら、その作品にどんな価値があるでしょうか。

卵と壁とは、何を象徴しているのでしょうか。

あるケースでは、とても単純明快です。
爆弾、戦車、ロケット、白燐弾がその「高い壁」です。
「卵」は、傷つき火傷し撃たれる、無防備な市民です。

でも、話はそれだけではありません。もっと深い意味があるんです。
こんなふうに考えてください。
私たち一人一人は、多かれ少なかれ、卵です。
私たち一人一人は、壊れやすい殻の内に、ユニークでかけがえのない魂を閉じ込めています。
私もそうだし、みなさんもそうです。

そして、私たち一人一人は、多かれ少なかれ、高く頑丈な壁に向かい合っています。

その壁の名前は、「システム」です。

システムは、私たちを守ってくれるかもしれませんが、時に自己増殖し、私たちを殺し、私たちに誰かを殺させるのです。冷たく、効果的に、システマティックに。

(以上、翻訳おわり)

“Between a high, solid wall and an egg that breaks against it, I will always stand on the side of the egg.”

Yes, no matter how right the wall may be and how wrong the egg, I will stand with the egg. Someone else will have to decide what is right and what is wrong; perhaps time or history will do it. But if there were a novelist who, for whatever reason, wrote works standing with the wall, of what value would such works be?
What is the meaning of this metaphor? In some cases, it is all too simple and clear. Bombers and tanks and rockets and white phosphorus shells are that high wall. The eggs are the unarmed civilians who are crushed and burned and shot by them. This is one meaning of the metaphor.

But this is not all. It carries a deeper meaning. Think of it this way. Each of us is, more or less, an egg. Each of us is a unique, irreplaceable soul enclosed in a fragile shell. This is true of me, and it is true of each of you. And each of us, to a greater or lesser degree, is confronting a high, solid wall. The wall has a name: it is “The System.” The System is supposed to protect us, but sometimes it takes on a life of its own, and then it begins to kill us and cause us to kill others--coldly, efficiently, systematically.

ふう。
翻訳して疲れましたが、もう、これ以上言い添えることは残っていない気がします。


@@@@@@@@@
少し話をそらし、アタマを休めてみましょう。

このスピーチの中で、村上さんは、

"The wall is too high, too strong--and too cold. "
「壁はあまりに高く、あまりに頑丈で、、、あまりに冷たい」

と言っていますが、ここで私はピンクフロイドの"The Wall"を連想してしまいました。

この中の"Hey You"という曲に、"The wall is too high as you can see"という歌詞があります。

このアルバムは、「壁のレンガ」となってシステムに組み込まれる事を拒否した子供が、
学校という管理社会の中で壊れていくというコンセプトアルバムです。

あんまり話がそれませんでしたね。

@@@@@@@@@@


壁=システムとは、草なぎさんの件でいえば、マスコミや警察。

システムは、いろいろ私たちのためになることもやってくれますが、
一歩間違えば、効率的に個人のこころを押しつぶす装置になります。
そして、一歩間違うのは割と簡単。

だから、村上さんは「卵が間違っていたとしても卵の側に立つ」と、
一見乱暴なことを言います。
でも、この点については、わたしは100%村上支持です。


私たちが、気をつけなくてはいけないことが一つ。
それは。

多くの卵は、壁の一部分として、システムを動かしているのです。
ナチスのユダヤ人虐殺を、「優秀で善良な小市民」が担ったように。

自戒を込めて。

そうそう、先日もちょっと書いた村上さんの新作、『1Q84』。
発売日も5月29日と決まったようです。

ジョージ・オーウェルの『1984』と同じく、管理社会とその暴力がテーマだとすれば、
いよいよ楽しみになってきました。

|

« あなたも見られている "Someone To Watch Over Me" | トップページ | ヒッピーに捧ぐ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96993/44792170

この記事へのトラックバック一覧です: 卵にできること。(エルサレムの村上春樹):

« あなたも見られている "Someone To Watch Over Me" | トップページ | ヒッピーに捧ぐ。 »