« 発射されない拳銃 ~異形のメタ小説『1Q84』~ | トップページ | 初恋じゃない。SUMMER NUDE な恋 »

2009年6月21日 (日)

双つの乳房と双つの月~『1Q84』の「物語る力」~

村上春樹の分析本の定番として、本に付箋を貼って、日付などが持つ意味を読み解く、というものがあります。
それも読むと面白くて、堪能させてもらっているのですが。

分析本はたくさんあるのですが、例えば『ねじまき鳥の探し方』なんて、面白いです。


でも、そういう読み方とはまた別に、彼の小説には、リニアに、つまり愚直に1ページずつ読み進めることの楽しさにもあふれています。

今日はこの楽しさについて書いてみようと思います、、、、、、、と、書きながら思ったんですが、私は、あまりにも当たり前のことを書こうとしてるのでは??
うーん、その可能性もかなり高いなあ。

まあ、とりあえず、書きすすめてみます。


物語の冒頭、ヒロイン青豆は、自分が今までとは別の世界に来てしまったことに気がつきます。
そこは、武装集団と警察との銃撃戦があり、NHKの集金人は支払いを拒否した大学生を包丁で刺す、ちょっと暴力的な世界でした。

そして、この世界には二つの月が浮かんでいます。
(緑色でゆがんだ月は、緑の月=青豆という連想や、青豆の左右で大きさの違う乳房を連想させます。)
が、これこそ、青豆が別の世界に入り込んでしまった象徴なのです。

読者は、こんなふうに考えるでしょう。
青豆が別の世界に入ってしまった事はわかった。
次に気になるのは、青豆の恋人(となるべき)天吾はどこの世界にいるのだろう、ということだ。

なぜなら、天吾と青豆が同じ世界にいないとなれば、二人の出会いの可能性は大きく下がってしまうからです。
つまり、読者は、天吾には月が二つに見えるのか、ということがものすごく気になってくるのです。


ところが、ここでまた、村上春樹は、私たちをじらします。
小説中の小説、『空気さなぎ』では、「空気さなぎができるとき月は二つになる」(Book1 309)、と描かれています。
ということは、この小説がベストセラーになる世界では、「月は一つだけ」という常識が共有されているのです。

天吾の生きる世界では、みんなは一つの月しか見えていない。
だからといって、天吾には二つ見えている、ということもあるんだろうけど、、、、、その可能性は低くなった(ように見える)。

そして、さらに後半に、青豆が『空気さなぎ』の本を読み始めるに至って、いよいよ読者は、二人の暮らす世界の位置関係はどうなっているんだろう、と幻惑されるしくみになっています。


村上春樹がよく使うテクニックなのですが、
「これってAなのかBなのか、どっちなんだろう」
と読み手が思っていると、突然の一行で、謎が深まったり、明確に解けたりする瞬間が気持ちいのです。


今までのところを少し整理してみます。

物語をアタマから読んでいる過程では、天吾がいる世界は青豆と同じ「1Q84」の世界なのか、かなり先まではっきりしません。
なにしろ、天吾は、大規模な銃撃戦についても、ぼんやりと記憶にある気がする、という程度なのです。
もしかしたら、天吾は1984に留まっているのか、それともさらに別の世界に行ってしまっているのかもしれません。
でも、違う世界であれば、そもそも青豆とは会えません。そんなわけで、天吾がいる世界がどこなのか、は、天吾が月を発見するまでは、物語上の巨大な推進力になっています。


これが判るのは、Book2のp394まで待たなければならない。2冊目も4分の3を越えたあたりで、ようやく天吾は月を見ます。
ここで彼が見るのは、二つの月でした。

「月は相変わらず寡黙だった。しかしもう孤独ではない。」
ここでようやく、緑色の月=青豆と、黄色い月=天吾が、よりそっていることがわかるのです。


引っ張りましたね、ハルキさん。

でも、待っていたがゆえの、じんわりと感動的な瞬間です。
やっぱり二人は同じ世界で求め合っていたのだな、という。


---

さて。

この小説の続編があるのか、については、いろいろな意見が言われています。
しかし、私は、続編はないのではないか、という気になってきました。

まずは、この『1Q84』、バッハの平均律クラヴィーアの、2冊各24曲を模した構成になっています。
そして、バッハには"well-tempered clavier, book.3"は存在しません。
もう一冊書くことは、この均衡を破ることになるのです。


そして、続編がないと考えるもう一つの理由は。

小説の本当におわりあたり(Book 2 p498)に、天吾が、空気さなぎのなかの少女に、「青豆」と呼びかける場面があります。
この場面、時間的には青豆が拳銃をくわえた日の夜です。

天吾の呼びかけを、
「青豆はその呼びかけを遠い場所で耳にする」。

私は、この一行で、どんなタフなことがあったにせよ、青豆はこの世界のどこかで生きているんだ、と思いました。

こうして二人のことには決着がついているのだから、もうこの先に続編をつける必要がないのではないか、と思うのです。


さて。
今、気になっているのが、猫の街とは何か、です。
それは、以下の二つのシーンの強い共通性がヒントになっています。

まず、天吾とふかえりが交わる(ふかえり曰く猫の街に行ったことの「おはらい」をする)シーン(Book2 p304)。

---
「口は軽く半開きになり、唇がさざ波のように微かに動いているのが見える。それは何かの言葉を形作ろうと中を模索していた。」
(中略)
「テンゴくん」とふかえりは行った。
---

そして、青豆が拳銃を口にくわえるシーン(Book2 p473)で、青豆が「天上のお方さま」といつもの祈りを捧げ、そして「天吾くん」と青豆が言う場面。

この二つのシーンの関連について考えてみると、何か見えてくるのでは、という気がしています。


追伸

今、私が見ているNHKのテレビは、夏至のキャンドルナイト特集をやっています。電力を使わないようにするんだったら、そんなテレビ番組を作るのって、かなり、そのスタート地点から矛盾してる。。。。。
でも、このTV、スタジオが生で展開している(=同じ時間を共有している)という事実が、妙に私を惹きつけるのです。

村上春樹の本も、矛盾している事で有名(?)ですが、、、、、

まあ、いいんですよ、矛盾していても。

|

« 発射されない拳銃 ~異形のメタ小説『1Q84』~ | トップページ | 初恋じゃない。SUMMER NUDE な恋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96993/45325966

この記事へのトラックバック一覧です: 双つの乳房と双つの月~『1Q84』の「物語る力」~:

« 発射されない拳銃 ~異形のメタ小説『1Q84』~ | トップページ | 初恋じゃない。SUMMER NUDE な恋 »