« 双つの乳房と双つの月~『1Q84』の「物語る力」~ | トップページ | 知覚の扉の向こう側~色覚について(4) »

2009年7月26日 (日)

初恋じゃない。SUMMER NUDE な恋

真心ブラザースの「SUMMER NUDE」にはまって、この夏は何度聞いたことか。

バージョンがいくつかあるようですが、私は上記アルバムの、ホーンが派手な「ENDRESS SUMMER NUDE」が好き。もう、メロディーもアレンジもメロメロに大好き、なのだけど、やはりこの唄の魅力の大きい部分は、強烈な歌詞にあると思います。なにしろ、一行ごとに、次々と視点が変わり、新たな事実がわかっていく、一大スペクタクル。

これは、歌詞を実際に見てみると、そのすごさがよくわかる。
ちょっと見てみましょう。(改行は原詩と異なる部分があります)


「何かたくらんでる顔」
   ~~恋人の顔のアップ。いたずらっぽくてイノセントな感じが魅力の女の子。

「最後の花火が消えた瞬間
浜には二人だけ」
   ~~浜辺のロングショット。二人きりの海辺での花火。一瞬の静けさも感じる。

「だからって」
   ~~切り替え。「僕」は、何か起こる予感を感じる。

「波打ち際に走る
Tシャツのままで泳ぎだす」
   ~~彼女の突然の行動。やはりイノセントな無邪気さ全開。

「5秒に一度だけ照らす
灯台のピンスポットライト」
   ~~視点、再び引く。浜辺を光の帯がよぎる

「小さな肩」
   ~~灯台の明かりに一瞬照らされる恋人の肩(背中)のアップ、かよわさ、のイメージ

「神様にもバレないよ 地球の裏側で」
   ~~これ、かなり謎のフレーズです。
      ただ、二人が会っているのがバレてはまずい背景があることを匂わせる。
      不倫とか、どちらかが二股かけているとか。


「僕ら今 はしゃぎすぎてる夏の子供さ」
   ~~みたび、イノセントなイメージ。

「胸と胸 からまる指」
  ~~イノセントでも、やることはやる。

と、ここまで引っ張ってきて、最後の必殺のフレーズ、

「嘘だろ、誰か思い出すなんてさ」

に至ります。
ここで、今まで全く無垢に見えていた彼女の、昔の恋人の存在が見えてくる。そして、彼女が前の恋から完全には吹っ切れていないことも。この彼女が、とても魅力的に描かれているのもポイント。

この先二人がどうなるのか、二人にも予測がつかない。ただ、相手を好きになる気持ちは、この夜、もう制御できないぐらいに高まってきている。
誰にでもある、恋愛関係が突然高まる一瞬を、短い瞬間の積み重ねで、ピンポイントで捉えているのです。

(映画的手法、とも言えそうだけど、もしもこれが映像で、この音楽のテンポに合わせてどんどんカットバックしていたら、めまぐるしくて見ていられないでしょう。やっぱりこれは、歌詞ならではの表現ですね。余談でした。)

このあと、同じようなアップと全景を繰り返す印象的な手法で、車で海から帰る二人が描かれます。はしゃいでるのは波打ち際のときと一緒だけど、一番の歌詞を念頭に置くと、車の中の二人は微妙に後悔しているようにも感じます。
「こんなに好きになって、もう帰れなくなっちゃったなあ」という感じの。

そして、二人はどこかで「白い朝」を迎えるのですが、その後には、再び必殺のフレーズが。

「僕はただ 
君と二人で通り過ぎる
その全てを見届けよう」

「僕」の、この恋へ溺れてやろうという、覚悟です。
どうなるかわからないけど(いや、むしろ、「見届ける」という言い方からも、ダメになることを覚悟しているのかもしれない)、この恋に賭けてみよう、という刹那を感じるわけです。
刹那い=切ない。


今、ネットでみていたら、7月1日に、このカバーが発売されていたんですね。

nawiiという、知らないアーティスト。

歌詞は、原作をもとに結構改作されたりつけくわえられたりしています。
こちらがその歌詞です。


このカバーバージョンのほうの最後の一行は、

「君とかぶる いつかの SUMMER NUDE」

という一言が加わっていることで、カバーの方の「僕」は、もっとあくどく、同じような恋を輪廻みたいに繰り返しているようですね。たぶん、去年もおととしも同じように、ちょっと他人には言いづらいような恋をして、同じようにダメになってしまったのでしょう。


「真心バージョン」の詩だと、「僕」の恋愛経験は一切語られていないので、「僕」にとっては初恋、というふうにも読めますし、私はそう読んでいました。
純粋なようでいて、意外に恋愛経験のある女の子と、その子に初恋をしてしまった男の子、という関係の方に、どうしても惹かれてしまう。

リアルに「夏の恋」の実態と近いのは、nawiiバージョンのほうかもしれませんが、私はやっぱり真心バージョンをとりたいな。

|

« 双つの乳房と双つの月~『1Q84』の「物語る力」~ | トップページ | 知覚の扉の向こう側~色覚について(4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96993/45585264

この記事へのトラックバック一覧です: 初恋じゃない。SUMMER NUDE な恋:

« 双つの乳房と双つの月~『1Q84』の「物語る力」~ | トップページ | 知覚の扉の向こう側~色覚について(4) »