« ノルウェイの海 | トップページ

2011年10月 2日 (日)

ホワイト・ドラマ

STYLE.COMの、コム デ ギャルソンの評論が素晴らしかったので、翻訳してみました。
Comme des garcon 2012ssについての記事です。

http://www.style.com/fashionshows/fullscreen/S2012RTW-CMMEGRNS/


PARIS, October 1, 2011
By Tim Blanks

今回に限っては、川久保怜の新しいコム デ ギャルソン コレクションでの謎めいたヒントが完全に理解できた。ショーの公式なキーワード(summation)は「ホワイト ドラマ」。ショーは、人生のドラマティックな停車駅を、順に辿ってゆくように感じられた;すなわち、誕生、結婚、死、超越を。
それぞれの白をまとう瞬間を飾りつつ、明確な儀礼性を付け加えるもの、それが伝統(tradition) だ。伝統は、川久保の白に満たされたコレクションに魅力的な共鳴(echo) をもたらしている。
ウエディングドレスの高級サテン地(duchesse satin)や、洗礼用のガウンのように明瞭な共鳴もあれば、白い花の中に置かれた遺体や、セビリアのセマナ・サンタ(Semana Santa,聖週間)の期間に高僧がまとう頭のとがったローブのように、もっとおぼろげな共鳴もある。

衣服の儀礼的厳粛性と、(ショーでの)衣服の厳かな見せ方からは、もうひとつの共鳴も感じる。それは、50-60年代のクチュールからの影響だ。その影響は、2012年春の中に深く埋めこまれている。もっとはっきり言うと、とても信心深く、クチュールという工芸を魂の探求というレベルまで高めた男、クリストバル・バレンシアガのスピリットがあるのだ。バレンシアガは、完璧な袖の中から、魂の救済を見つけられると信じていた。
袖が今回のコムデギャルソンのコレクションの特徴的ディテールであること(長く、広く、ほとんど床近くまで落ちている)は偶然の一致だろうし、ショーが救世軍の建物で行われたことも偶然の符合だろう。
それでももちろん、あなたはこれが偶然の一致などではないと信じるだろうし、結論として、不可避的に件の結論に達するのは簡単だろう。すなわち、プレゼンテーションが霊的次元に達しているということである。

これは、今年日本を襲い、今なお毎日行われている生と死のドラマに対する川久保の反応である、と言いたい誘惑にも駆られる。
しかし、このショーについてそう言うのは、その根本テーマにもかかわらず、いかめしすぎるように思う。ショーは、ひょうきんなディテール、たとえば3人のアーティストから提供されたヘッドギアや、(ヴィヴィアン?)ウエストウッド風のスカートの張り輪、俗な雰囲気のレース入りの下着でアクセントをつけ(spike)られている。
白いブーツは原子炉の技術者が履くものかもしれない、しかし同時に、それらは熱狂的な60年代のクチュールでもありうるのだ。


--------------------------------------------------------------


服は直接STYLE.COMをあたっていただくとして、参考資料です。


洗礼用ガウン(christening gown)
http://www.babygiftsandclothes.com/christening_gown.html より引用

Christening_dress


セマナ・サンタ
http://www.spain-column.com/2006/08/_vol10.html より引用

1001


バレンシアガのクチュール

Balenciaga

以下、元記事。

Comme des Garçons Spring 2012 Ready-to-Wear

PARIS, October 1, 2011
By Tim Blanks
For once, Rei Kawakubo's cryptic clue for her new Comme des Garçons collection made perfect sense. "White drama" was a precise summation of a show that felt like it tracked a progression through life's dramatic way stations: birth, marriage, death, transcendence. Tradition drapes each of those moments in white and attaches distinct rituals to them, which set off some fascinating echoes in Kawakubo's all-white collection. Some were as obvious as the duchesse satin of a wedding dress or the lace of a christening gown; others were more oblique, such as a reference to a body laid out in white flowers, or the pointy-headed robes worn by church dignitaries during Seville's Semana Santa.

The ceremonial grandeur of the clothes and the stately way they were shown felt like yet another echo of the fifties/sixties couture influence that has insinuated itself into Spring 2012. More specifically, there was the spirit of Cristobal Balenciaga, a deeply religious man who elevated the craft of couture to the level of spiritual quest. He believed he could find salvation in the perfect sleeve. It was probably coincidence that sleeves were the signal detail of the Comme collection (they were long and wide, falling almost to the floor), just as it was probably coincidence that the show took place in a Salvation Army building. Unless, of course, you believe there is no such thing as coincidence, a conclusion that was easy to reach given the presentation's inescapable spiritual dimension.

It was tempting to see in that a response by Kawakubo to the disasters that afflicted Japan this year, with life-and-death dramas still being played out every day. But that sounds unduly solemn for a show that, for all its grand theme, was still spiked by drollness in details such as the headgear contributed by three different artists, the Westwood hoops, and the lacy lingerie trims that introduced hints of carnality. Yes, the white boots might be worn by technicians in a nuclear reactor. But equally, they could be sixties couture a-go-go.

|

« ノルウェイの海 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/96993/52894371

この記事へのトラックバック一覧です: ホワイト・ドラマ:

« ノルウェイの海 | トップページ